今月の花鉢の手入れ

今月の代表的な 花鉢 花苗 蘭等のお手入れ方法です。

花苗 
(パンジー・ビオラ・ガーデンシクラメン・葉牡丹・アリッサム・ノースポール等)
次々とお花を咲かせますので、肥料切れに注意します。緩行性の固形肥料なら持続性があり肥料切れも安心です。
又、咲き終わったお花は結実させないように、随時花がらを摘んであげましょう。良く日光に当ててやり株をどんどん
充実させてあげましょう。プランター等に植えつけた場合は、お水は土が乾いてからタップリ!とあげましょう。
元肥には、マグヴァンプKが効果が長くてオススメです。

花鉢 
(ハイビスカス)
もう店頭には、色鮮やかなハイビスカスが並び始めます。ハイビスカスは、日光が大好きですのでタクサン日に当て
てあげましょう。また、お花を毎日咲かせますので、肥料はきちんと与えてください。アブラムシ等付き易いので、オ
ルトランなど使用して早めに虫退治をしましょう。

(薔薇/ミニ薔薇)
病気が多くなる梅雨に入る前に、殺菌剤(トップジン/ベンレート/ミラネシンマンネブダイセン等)で予防を兼ねて消毒
をしておきます。沢山散布しない方は、ベニカXが殺菌殺虫のW効果があってオススメです。お花が咲き終わったら、
葉っぱの枚数が5枚の上でカットして、花芽を出させます。植え付けは、夏の暑さが来る前に終わらせてしまいましょ
う。開花の盛期が過ぎたら、早めに花のついている枝に葉を2〜3枚残す位置で、切り戻しをします。

(シクラメン)
暖房がはいっていないお部屋で管理しましょう。日には良く当てて上げて、葉組みと言って株の中心部に光を当てて
あげると蕾がどんどん出てきます。肥料切れにも注意して管理しましょう。お水は、土が乾いてからたっぷりと与えて
あげます。

(ポインセチア)
ポインセチアは、メキシコ原産ですので寒さをキライます。冷たい風には、絶対に当てないようにして暖かいお部屋で
管理しましょう。日当たりは好きですので、窓越しの日にたくさん当ててあげましょう。お水を与える時は、ぬるま湯を
あげると、、根にストレスがかかりません。


(☆シンビジューム ☆デンドロビューム ☆ギンギアナム)
冬の豪華な蘭のシンビジュームやデンドロビュームがたくさん出てきます。暖房の強いお部屋より少し寒いお部屋に
飾るのが向いています。窓越しの日にたくさん当ててあげて、お水は土が乾いてからたっぷりと与えて下さい。
咲き終わったお花が出てきた、花茎は早めに根元からカットして株に負担をかけないようにしましょう。

(☆オンシジューム ☆胡蝶蘭 ☆カトレアなど)
昼間は暖かく、ガラス越しの日光が半日ぐらいあたるところに置いてください。
夜間は10度以上に保てる場所に移動してください。部屋が寒い場合は発砲スチロールの箱や段ボールの箱に入
れ、ビニール袋で全体を覆う。新聞紙で鉢を包むなど工夫してください。
暖房設備の風が直接あたる場所は避けてください。
水やりは植え込みの材料(水苔)が乾いたら、暖かい時間に室温に近い温度の水をやってください。 葉への霧水は
日中毎日やって結構です。 この時期に水が多すぎると根腐れを起こします。
肥 料は 必要ありません。


長く楽しめますので是非やってみてください。(^^)/

戻る

★はなやとら★
http://www.878.ecweb.jp/

★MobileTora
http://aimew.jp/0878/

brog・GreenMan
http://hanayatora.blog115.fc2.com/
Copyright(c)2007. 花屋 はなやとら  All right reserved さいたま市のお花屋 お花の管理方法